老化

スポンサードリンク

老化とは

老化というのは、年齢を重ねるにつれて起こる体の変化です。

 

私たちの体の器官は、年齢を重ねるごとに機能が低下していきます。

 

例えば、脳の働きが悪くなったり肌にシワやシミができてしまうなど・・・
これらは誰にでも起こることで、避けられることではありません。

 

しかし、老化のスピードは人によって差があります。

 

もちろん、時間の流れるスピードは誰にとっても同じです。

 

しかし、体の生理機能が衰えてしまい、外界からのいろいろなストレスに対しての
適応能力が下がるまでの時間には個人差があるのです。

 

 

人の細胞は、生まれてからすぐに老化し始めるとも言われています。

 

年齢が若いと機能の衰えた細胞はなくなり、新しい細胞が生まれる、
ということが繰り返されています。

 

ですから、組織や器官が衰えるということはありません。

 

しかし、年齢を重ねると新しい細胞が生まれるまでのスピードが遅くなったり、
新しい細胞が生まれない、ということが起こります。

 

このため、体の組織の機能が低くなってしまい老化してしまうのです。

 

 

また、食習慣によっても体の組織が衰えるまでに至るスピードは異なってきます。

 

私たちは、食べ物を分解して吸収しエネルギーを生み出して生活しています。

 

そのときに老廃物を同時に生み出しています。

 

そのうちの一つとして、活性酸素という老化を進行させるものがあります。

 

活性酸素は細胞を損傷して機能に影響を与えるものです。

 

例えば、脂肪や糖分を過剰に摂取することにより、活性酸素を大量に生み出してしまい
老化を早める原因になります。

 

 

次のページ「老化の原因

スポンサードリンク

厚生年金の分割