老化防止 食べ物

スポンサードリンク

避けた方が良い食べ物

老化防止のために避けた方が良い食べ物は、
食品添加物が多く含まれているものです。

 

食品添加物とは、保存料や着色料などがあります。

 

加工食品やインスタント食品には特に多く含まれていますので、
避けた方が良いでしょう。

 

食品添加物は、体の細胞を錆びさせてしまう活性酸素を発生しやすいといわれています。

 

 

また、残留農薬が含まれているもの
老化防止のために避けた方が良い食べ物です。

 

野菜や穀物は無農薬で栽培されたものをなるべく選ぶようにします。

 

食品に含まれる農薬や汚染物質は体を衰えさせる原因になります。

 

なるべく自然で採れたものを食べるといいということですね。

 

 

また、酸化してしまった食品もアンチエイジングを妨げますので
摂取しないように心がけます。

 

古い油で調理をしないようにします。

 

揚げ物に使う油は、できるだけ頻繁に交換するようにしましょう。

 

 

また、賞味期限が切れた食品も老化防止のためには避けた方が良いです。

 

賞味期限はこまめにチェックするようにし、古くなったものは捨てるようにします。

 

 

老化防止のためには、高脂肪の食べ物をなるべく食べないようにします。

 

特にバターや脂身のような動物性脂肪が含まれたものはできるだけ摂らないようにします。

 

肉の脂身は摂取しないようにし、バターではなく植物性の油脂で作られたマーガリンを使うようにします。

 

 

さらに、雑菌や細菌は体の中の細胞に傷をつけてしまいます。

 

老化防止のためにこのような食べ物を避ける必要があります。

 

食品に雑菌や細菌が繁殖しないように、管理や保存をしっかりします。

スポンサードリンク

厚生年金の分割