老化防止 運動

スポンサードリンク

老化防止に有効な運動

老化防止のために、運動をすることは大切な事です。

 

しかし、あまり激しい運動をすると体内で活性酸素が増えてしまいます。

 

活性酸素は、体内に入る細菌から身を守るものですが
あまりに多いと老化の原因になってしまいます。

 

有害な細菌だけではなく、無害なDNAを傷つけてしまうといわれています。
ですから、細胞が酸化しないようにすることが大切です。

 

 

激しい運動以外でも窮屈な姿勢をとることによって
活性酸素が増え老化が促進されます。

 

活性酸素は、血流が一度止まり、それがまた流れ出す際に多くできる物質です。

 

体が硬いにも関わらずヨガのような窮屈な姿勢をとると逆効果です。

 

激しい運動も同様で、無理して激しく体を動かすことによって老化が余計に進行させます。

 

 

それでは激しい運動でもなく、窮屈な姿勢をすることもなく、
老化防止のために適切な運動とはどのようなものなのでしょうか?

 

 

それは、歩くことです。

 

最近では、ウォーキングと呼ばれアンチエイジング効果のある運動として
とても流行してきています。

 

体に負担をあまりかけることがありませんし、
血の流れが止まるということもありません。

 

歩くことで、血液の中の血糖値が下がりますので老化を防止する運動として最適です。

 

 

また、歩くことは有酸素運動です。

 

有酸素運動をすることにより、たんぱく質の糖化防止と
血液中の糖だけではなく細胞の中の糖も減らすことができます。

 

糖はたんぱく質を糖化させ、シワを作り出す原因ですので
歩くことにより、シワの防止にもなるのです。

 

ウォーキングは誰でも簡単に取り組むことができ、老化を防げます。

 

毎日どれくらい歩かなければならない、と決めることなく、機会を見つけては歩いたり階段を利用したりします。

 

日常生活の中で、なるべく歩いて移動することを心がけましょう。

スポンサードリンク

厚生年金の分割