老化防止 気もち 心

スポンサードリンク

気持ちの持ち方が最大の老化防止

老化防止のためには、気持ちの持ち方がとても重要です。

 

ストレスを貯めてマイナス思考でいると、心も体も衰えてしまいます。

 

気持ちの持ち方は変えようと思えばすぐに変えられることですので、意識していきたいですね。

 

 

気持ちの持ち方を変えることで、体が持つ免疫力も高められます。

 

そしてそれによって細胞の寿命も長くなりますので老化防止につながります。

 

まずは、健康で長生きしよう、という目標を持つことです。

 

そして、年をとっても元気で楽しく活動している自分の姿をイメージします。

 

 

昔から「病は気から」と言いますが、
気持ちの持ち方で病気も防ぐことができるものです。

 

いつもにこにこしていることで、老化防止になります。

 

これは迷信ではなく医学的に証明されていることです。

 

精神状態によって免疫の強さが左右されるということが明らかになっています。

 

くよくよせず、笑顔で毎日を過ごすように心がけたいですね。

 

 

ストレスを抱えていると、細胞が持っているテロメアという物質が
短いということも研究でわかっています。

 

テロメアは、細胞分裂により短くなる物質です。

 

長いと細胞の寿命も長く、短いと細胞の寿命も短いのです。

 

つまり短いと老いるのが早くなります。

 

ストレスを上手に発散することが、老化防止には大切です。

 

 

また、友達と接して楽しい時間を過ごすことで、
アルツハイマーを防止することができます。

 

これはマウスを使った実験で明らかになっており、楽しく広い場所で飼育したマウスは
痴呆の進行がかなり遅かったという結果があります。

スポンサードリンク

厚生年金の分割