老化 原因

スポンサードリンク

老化の原因

成長ホルモンの減少

 

老化の原因の一つとして、成長ホルモンの減少があります。

 

成長ホルモンは、体を成長させたり組織を再編成する働きを持つものです。
古い細胞を除去して新しい細胞を生み出すためには成長ホルモンが必要となります。

 

年齢を重ねるにつれ、成長ホルモンの分泌量は下がってしまいます。
ですから、新しい細胞が生まれず体の組織や器官の機能が低下してしまうのです。

 

ストレス

 

また、老化の原因としてストレスがあります。

 

ストレスは心だけではなく体にも悪影響を及ぼします。

 

ストレスによって体の免疫機能が低下して抵抗力が弱くなります。
その結果、病気にかかりやすくなるのです。

 

また、私たちの体の細胞を壊す活性酸素から体を守る力もストレスにより衰えてしまいます。

 

活性酸素

 

活性酸素は老化の原因の一つです。

 

私たちは空気中の酸素を呼吸によって体に取り込んでいます。
そのうちの2%が体の中で活性酸素となってしまいます。

 

活性酸素は、細胞を作っている脂質やたんぱく質を酸化させて壊してしまいます。

 

これが何度も起こることによって、体の機能が衰えてしまうのです。

 

活性酸素は、そのほかにも遺伝子や酵素を壊すために老化の原因とされているのです。

 

活性酸素が細胞にある不飽和脂肪酸に働きかけることによって、過酸化脂質という有害な物質が生まれます。

 

これが体の組織や細胞に害を与えて老化の促進の原因となります。

 

活性酸素は、動脈硬化、心筋梗塞、リウマチ、糖尿病、脳卒中などの疾患にも
関わっているということが最近の研究で明らかにされています。

 

 

次のページ「老化防止の基本

スポンサードリンク

厚生年金の分割