老化防止 ホルモン補充

スポンサードリンク

ホルモン補充治療

体内のある器官から分泌されて体の中をめぐりさまざまな働きをする物質に、ホルモンがあります。

 

ほんの少しの量しか分泌されませんが、体の中の組織に働きかけます。

 

ホルモンを補充することによって老化防止を実現する治療方法があります。

 

この方法は近年大変話題となっています。

 

というのも、老化の原因の一つとしてホルモンの量の低下が挙げられているからです。

 

 

年齢を重ねることによってホルモンの量が減りますので、それを補充する形で治療が行われます。

 

これにより、ホルモン不足による疾患や症状を軽減します。

 

まず、どのようなホルモンが不足しているかを検査し、スプレー、経口、注射、クリームなどを使って体内にホルモンを補給します。

 

がんを発症する確率が高くなるという副作用が考えられています。

 

ですので、治療を行っている間は常にホルモンレベルと腫瘍マーカーの確認を医療機関で定期的に行います。

 

 

ホルモンには、成長ホルモン、甲状性ホルモン、男性ホルモン、女性ホルモン、メラトニン、DHEAなどさまざまな種類のものがあります。

 

ホルモンを体内に補充することによって、次に挙げるさまざまな症状を改善できます。

 

成長ホルモンの補充は、体脂肪増加、免疫力低下、骨密度の減少、記憶力や運動能力の低下、毛髪の減少を解消します。

 

甲状性ホルモンの補充は、頭痛、疲労、免疫力低下、食欲不振を解消します。

 

男性ホルモンの補充は、疲労、うつ、のぼせ、不眠、集中力や記憶力の減退、神経質、動悸を解消します。

 

女性ホルモンの補充は、ほてり、のぼせ、不眠、発汗、動脈硬化、高脂血症、骨粗鬆症を解消します。

 

メラトニンの補充は、睡眠障害、免疫力低下、肥満を解消し、発がん率の低下につながります。

 

DHEAの補充は、更年期障害、骨粗鬆症、免疫機能低下、痴呆、肥満を解消します。

 

スポンサードリンク

厚生年金の分割