老化防止 成分

スポンサードリンク

老化防止に効果的な成分

コラーゲンは、老化防止対策に必要な成分です。

 

コラーゲンはたんぱく質の一種で、体の柔らかさ、はり、しなやかさ、伸縮性を保つ役割を持つ成分です。

 

コラーゲンは身体を若く保つためには欠かせません。

 

もともと私たちの体が持っている成分で、体内の至るところにあります。

 

しかし、30代になると自ら生産する力が衰えてしまいます。

 

コラーゲンというと、美しくハリのある肌を保つ働きで知られていますが、爪、髪の毛、歯茎、骨、血管などでも消費されています。

 

生産量が減りますが消費は常にされているため、体内のコラーゲンの量は確実に減るのです。ですから、補給が必要です。

 

サプリメントやドリンクという形でコラーゲンを取り入れることができます。これにより、若さを保つことができるのです。

 

 

ヒアルロン酸も老化防止対策に必要な成分の一つです。

 

ヒアルロン酸は、スポンジのように水分を大量に保つという特徴を持っています。

 

体の中の水分を保つためには、なくてはならない成分なのです。

 

血管を柔らかく保つことができるため、ドライアイにならないように防止してくれます。

 

関節部分にもヒアルロン酸が溜まっており、これがクッション代わりになって関節への衝撃を防止します。

 

しかし、コラーゲン同様ヒアルロン酸も年齢を重ねると体内から減ってしまいます。

 

 

老化防止に必要な成分というのは、年齢を重ねるごとに減ってしまうものです。

 

ですから、外部からの補給が必要となります。
エラスチンもそのうちの一つです。

 

これは、コラーゲンとコラーゲンをつなぐ働きを持っている弾力のある物質です。

 

よくお肌の保水成分といわれていますが、軟骨や靭帯、肺や子宮などの臓器の伸縮性を保つという役割があります。

 

エラスチンが体内から減ってしまうと、これらの器官の伸縮性が失われるとともにお肌にシワやたるみをもたらしてしまいます。

その他の老化防止に効果的な成分

ビタミンAは、またの名をレチノールといいます。

 

これは、老化の原因となる活性酸素を除去する働きがあります。

 

ですから、レチノールもアンチエイジングになくてはならない成分の一つだといえます。

 

レチノールは、皮膚や粘膜を強化する働きがあります。

 

また、目の疲労を癒してくれます。

 

 

このように活性酸素を除去する働きが強い成分は、老化防止には欠かせません。

 

ビタミンCも活性酸素を取り除く働きが強い栄養素の一つです。

 

紫外線が当たることによってできるメラニンを抑制する効果もあります。

 

ビタミンCは、コラーゲン生成を助けるという役割も持っています。

 

年齢を重ねると、細胞が酸化してしまいますがこれを修復する働きをビタミンCは持っています。

 

よって、美しいお肌を作ることができます。

 

 

細胞と細胞を結び付けている成分に、セラミドというものがあります。

 

お肌の表面の皮脂膜の下には角質層があります。これがセラミドと呼ばれているものです。

 

これも老化防止には欠かせない成分の一つです。

 

セラミドを積極的に摂取することで、お肌が本来持っているバリア機能を強化することができます。

 

バリア機能によってお肌に細菌を寄せ付けず、シワや乾燥も防いでくれます。

 

しかしセラミドも、年齢を重ねるごとに体内から減ってしまう成分です。

 

ですから、年齢を重ねるとシワが増えてしまいます。

 

 

アミノ酸も老化防止対策で重要な役割を果たす成分です。

 

私たちの体を構成しているたんぱく質は、アミノ酸によってできています。

 

アミノ酸はお肌にハリ、潤い、キメを持たせるために若々しい外見を保つことができます。

 

アミノ酸の減少により皮膚や体が縮んでしまうために、シワやたるみができてしまいます。

 

ですから、アミノ酸摂取は老化防止に必要なのです。

 

お肌に良いだけではなく、健康維持にも重要な役割を果たす成分です。

 

 

 

スポンサードリンク

厚生年金の分割