老化防止 食習慣

スポンサードリンク

老化防止に効果的な食習慣

老化防止に効果のある食品を上手に日々の食事に取り入れることは重要なことです。

 

どのような食材を選び、どのように調理するか、量、食べ方、頻度などに関してコツがあります。

 

これらのコツを踏まえて、栄養バランスの整った食生活を送ることが大切です。

 

 

季節の旬の食材を使った献立を工夫します。

 

これが老化防止に効果的な食材となります。

 

旬の食材はたっぷりと栄養を含んでいて、おいしく食事を楽しめます。

 

どこで誰によって生産されたのかということが明記されている食材は安心して使えます。

 

野菜の栄養価は色の濃いものが高いので、そういったものを選ぶようにします。

 

塩、油、砂糖を過剰に摂取するのはよくありません。

 

加工食品にはこのようなものが大量に使われていることがありますので注意が必要です。

 

 

野菜には水溶性のビタミンが大量に含まれていますので、水でさっと洗い、加熱せずに食べるのがベストです。

 

これが野菜を調理する上で重要な点です。

 

野菜のビタミンは、水に長い時間浸けていることで逃げてしまいます。

 

油で炒めることによって体内に多くビタミンを取り入れることができるのは、脂溶性ビタミンをたっぷり含んでいる野菜です。

 

少量のオリーブオイルやごま油を使用し短時間で炒めます。

 

魚を焼く、あるいは揚げることによって、DHAやEPAのような成分が無くなります。

 

栄養分を確実に摂取するには刺身や煮こごりとして食べるのが一番です。

 

加熱を繰り返すと脂分が体に害を与えるものになってしまいます。

 

ですから、二度揚げたり焼いたり、電子レンジで温めたりしないようにしてください。

 

 

食事のとり方

 

老化防止に大きな効果を発揮する食事の仕方というものがあります。

 

健康と若さを保つためには、食生活というのは本当に大切なことなのです。

 

良く噛んで食べることはその中でも基本だといえます。

 

良く噛むことによって顔の輪郭が鍛えられ、たるみを防止し若々しさを保つことができます。

 

噛むという動作はあごや筋肉を強くすることにつながるからです。

 

また、唾液の分泌も促進しますので、消化吸収をスムーズにします。

 

 

一口を少なくすることが良く噛むことにつながります。

 

ゆっくり食べることで脳が満腹感を覚え、実際に空腹も満たされます。

 

急いで食べると脳が満腹感を覚える前に過度に食べてしまうために注意が必要です。

 

歯ごたえのある固めの野菜を最初に食べるようにします。

 

血糖値を急速に上げないためにも、糖分や脂分の多いものを最初に食べないようにします。

 

年齢を重ねるにつれ食べる量を減らしていかないと、肥満につながります。

 

30代なら腹八分目、40代以降は腹七分目にするように心がけます。

 

カロリーの高いアルコールや清涼飲料はなるべく控えましょう。

 

 

1日3回の食事を摂るようにすることが大切です。

 

食事の回数を減らして一度にたくさん食べないようにします。

 

成長ホルモンは食事により分泌されます。

 

回数を多く食べることで、それだけ多くの成長ホルモンが分泌されます。

 

食事の回数を減らし、一度に多く食べることは糖尿病の原因となります。

 

また、インスリンの分泌量が増え膵臓に負担となります。

 

スポンサードリンク

厚生年金の分割