老化 シワ たるみ

スポンサードリンク

シワやたるみをなくすには

シワは女性にとって老化の一番の問題ともいえます。

 

シワは大きく二つの種類に分けることができます。

 

肌の表面だけにできている薄いシワと肌の奥の真皮にできてしまった深いシワの二種類です。

 

シワができてしまったら仕方がないと思われがちですが、薄いシワを目立たなくする方法はあります。

 

スキンケアによってシワを減らすことができるのです。

 

ただし、深く刻まれてしまったシワは自宅でのスキンケアで消すのは難しいでしょう。

 

クリニックでの施術で消えることがあります。

 

 

シワを見つけたら、指で広げてみましょう。

 

それから指を離し、そのシワが消えるかどうか確認します。

 

すぐに消えれば薄いシワ、そうでなければ深いシワです。

 

こうしてシワを広げてみることで、どの種類のシワなのかということを判別することが可能です。

 

30代まででできる多くのシワは薄いものであることが多いです。

 

 

体の内面と外面のケアをすることがシワを解消するためには重要です。

 

また、栄養バランスの整った食事と規則正しい生活を送ることもシワの解消には効果的です。

 

食事に関しては、動物性たんぱく質や緑黄色野菜、フルーツを積極的に摂りましょう。

 

シワのないハリのある肌を作るには、美肌を作る効果がある大豆イソフラボン、エストロゲンという女性ホルモンに似た成分を摂るようにします。

 

大豆イソフラボンは豆や豆腐に、エストロゲンはざくろに多く含まれています。

 

 

肌に水分を保つこともシワの解消には効果的です。

 

肌の表面をきれいに保ち、水分を補給してそれが逃げないようにカバーする、という外側からのスキンケアが重要です。

 

 

次のページ「ヘアケアと老化防止

マッサージでシワとたるみ防止

マッサージはシワやたるみ対策に有効ですが、間違ったやり方によってシワやたるみを作ることになりますので要注意です。

 

シワやたるみが気になるようでしたら、正しい方法でマッサージすることが大切です。

 

 

マッサージを行うときには、手や指のすべりを良くするためにマッサージクリームを大量に使用します。

 

肌をこすってしまうようでは、逆に肌を傷めてしまいます。

 

これが顔をマッサージする上で大切な点なのです。

 

 

マッサージをするときには、表情筋に沿って行います。これは、血やリンパが表情筋に沿って流れているためです。

 

また、あまり力を入れないで行うことがコツです。

 

順序としては、顎の下から耳の下にかけてまず行い、それから口の横から耳の真ん中辺りに向けて、最後に鼻からこめかみに向けて行います。

 

ゆっくりと5秒ほど時間をかけて行います。

 

 

額は横方向に、口や鼻は周囲を周るように、顎と小鼻は指で円を描くように行います。

 

マッサージの基本は下から上に、内側から外側に向けて行うことです。

 

血液とリンパの流れを改善することによりシミの原因となるメラニンを体外に排出することができます。

 

外見の若さは、たるみ、しみ、シワ、くすみがないかどうかで決まります。

 

20代の若いうちは見た目の年齢の差は4歳程度ですが、40代ともなると17歳ほど違って見えることがあります。

 

若く見えるかどうかというのは、実年齢よりも見た目によって決まるということがいえます。

 

 

見た目が老けているようであれば、老化防止対策を行う必要があります。

 

放置しておくと手遅れになることがあるからです。

スポンサードリンク

厚生年金の分割