老化 睡眠

老化と睡眠の関係

年を取ってから眠りが浅くなった、早起きしてしまう、長く眠れなくなった、
と若い時と比べて睡眠の質が落ちたと感じることでしょう。

 

そうです、早い人で40歳くらいを境として睡眠の質が低下すること
が医学的に解明されているのです。

 

加齢による睡眠の質の低下を促すのがメラトニンの分泌量の低下。
メラトニンは40歳を境に分泌量が低下します。
これは誰にでも起こる自然現象なので仕方がないことです。

 

年を取ると朝早く目覚めてしまい、長時間ぐっすりと眠れることができなくなりますがその分睡眠の質を良くするようにすることが大切だと言います。

 

規則正しい生活をしバランスの取れた食生活と適度な運動をすることにより
睡眠の質を向上させることができます。

 


厚生年金の分割