老化 脳

脳の老化を防ぐには

脳の老化を防ぐためには、ブドウ糖をたっぷりと摂取する必要があります。
栄養が足りなくなると、働きが鈍ってしまうからです。

 

しかし、年齢を重ねるにつれて糖尿病が心配になるため、
糖分を控えることが多くなります。

 

実際に糖尿病を患った方は、甘いものを避けるようにしています。
病状を悪化させないためにはそれが一番です。

 

しかし、糖分が足りないと意識障害を起こして脳の老化を促進させてしまいます。

 

 

また、年齢を重ねると1回の食事で摂取できる栄養の量が限られます。
ですから、低血糖になる場合があります。

 

糖分は大切なエネルギー源の一つです。

 

だから適切な量を摂取する必要があります。

 

おやつとして少しだけでも甘いものを食べることで、
脳の老化を防止することができます。

 

 

そして、運動も適度に行うようにします。

 

運動することで脳は刺激を受け活性化されます。
それによって脳の老化の進行が遅くなります。

 

家でじっと座っているより、散歩などで少しでも
体を動かすと効果があります。

 

 

脳は死ぬまで成長することができる器官なのです。

 

ですから、衰えさせるのではなく成長し続けさせたいですね。

 

かつては20歳を過ぎた頃から1日に大量の神経細胞が死滅すると言われていましたが、
現在では大脳辺縁系の海馬の神経細胞は年齢を重ねても増えることがわかっています。

 

楽しいことや好きなことをすることでこの神経細胞が増えるため、
脳の老化を防止することができるとされています。

 

 

次のページ「肌の老化を防ぐには

まずは、生活習慣を変えてみる

脳の老化が進行するのは、毎日同じことをし、同じことを考え、ワンパターンの生活を送ることが原因です。

 

生活に変化を持たせるためにいつもと違ったことをたまに行い、脳を活性化させる必要があります。

 

肉体だけではなく脳も同様に、さまざまなことを考えゆったりとした気分で過ごすなど、老化防止を行うことが必要とされます。

 

 

小さなことでも十分に脳の刺激となります。

 

例えば、入浴中の体の洗い方で、いつもは足から洗っていてもたまに腕から洗うなどという変化も脳を活性化させます。

 

日々の習慣の中で、少し変化をもたせることができることがあるのではないでしょうか。

 

脳の老化防止においては、わずかなことでも生活に変化を持たせることがポイントとなります。

 

掃除の順序にしても2階から先に行うときと、1階から先に行うときを設けるというのも良いでしょう。

 

何かを考えることが脳にとっては必要なことなのです。

 

 

料理をするに当たっても、脳にさまざまなことを考えさせることができます。

 

手を使って作業をする、計算をする、他の人と一緒に作業をするということが脳の老化防止につながります。

 

家族や友人と会話を楽しみながら一緒に料理をしてみてはいかがでしょうか。

 

脳の老化防止になるだけではなく、楽しい時間を過ごすことができます。

 

脳に変化を与えることが、料理を通してできるのです。


厚生年金の分割