老化 肌

スポンサードリンク

肌の老化を防ぐには

肌の老化にとって一番良くないもの・・・
それは、化粧品だといわれています。

 

基礎化粧品を含めた化粧品には有害物質がたっぷりと
含まれているものがあります。

 

これを塗ったまま眠ってしまうと、細胞に有害な物質が吸収されて
肌の組織が破壊されてしまうのです。

 

また、特に30歳を過ぎた人を対象に、アンチエイジング効果のある化粧品
たくさん出回っています。

 

これには肌の老化を防止するために効果のある成分が配合されていますが、
その効果の現れ方は人によって異なるものです。

 

劇的に若返る、などという効果はやはり化粧品を使っただけでは見られないのです。

 

 

肌の老化防止に効果があるのは、栄養バランスの取れた食事や適度な運動、規則正しい生活、この3点です。

 

これらのことを実行すると、体質を改善することができます。

 

そしてこれは、1日や2日で効果が見られるというわけでありませんので、
長期的な目標を持って継続することが大切です。

 

習慣化してしまう事が、無理なく継続する秘訣です。

 

そうすることで効果を実感することができるようになります。

 

 

肌の老化を防止するための栄養素としてビタミンやたんぱく質があります。

 

ビタミンは健康にも良いですし、たんぱく質は髪を作る原料ともなります。

 

特にビタミンAは活性酸素を除去する働きがあり、
老人性しみを防止することができます。

 

栄養は食事から摂取するのが理想ですが、十分摂ることができないと感じた場合は、
サプリメントなどの健康食品を利用するのも一つの方法でしょう。

 

また、睡眠をたっぷりとり規則正しい生活を送ることによって
健康な毎日を送ることができますし、肌の老化も防止ができます。

 

 

次のページ「目の老化を防ぐには

お肌の乾燥に気をつける

肌を若々しく保つためには、水分をしっかり補給することが大切です。

 

乾燥は肌の老化につながるためです。

 

 

肌はもともと保湿成分を持っていますが、年齢を重ねるごとにその量は減少していきます。

 

20代を過ぎると、私たちの肌はどんどん乾燥しがちになっていきます。

 

角質の持っている保湿成分の減少のためにこのような現象が起こるのです。

 

肌には角質層と呼ばれる部分があり、水分を失うと簡単にはがれるようになり空間ができてしまいます。

 

肌は水分を失うと薄く硬くなり、シワができやすくなってしまいます。

 

角質層がはがれて空間ができると、そこから水分が逃げていきシワになりやすくなるので注意が必要です。

 

 

アミノ酸や尿素には水分をキープする働きがあります。

 

角質層が持っているNMFという物質は、アミノ酸や尿素が主成分となっている天然保湿成分です。

 

これが肌の水分をキープする役割を果たしています。

 

潤いのある肌を作るためには、NMFが欠かせません。

 

120もの角質が重なってできている角質細胞間脂質は脂質分子と水分子によって水分が保たれている物質です。

 

そして、肌を乾燥した状態にしないように人間の体からは汗などが分泌されています。

 

アミノ酸は汗を乳化し皮脂膜を形成します。これが肌の表面を覆い水分の蒸発を防ぎます。

 

 

女性ホルモンはこのような天然保湿成分を保つ働きを持っています。

 

しかし、20歳を過ぎると女性ホルモンが減るために、天然保湿成分も減っていきます。

 

これにより肌が水分を失いシワが増えていくのです。

皮膚の菲薄化について

皮膚が薄くなることを菲薄化といいます。

 

皮膚の真皮層にはエラスチンやコラーゲンという物質があります。これが減少すると新しい細胞を作れなくなるために、皮膚が薄くなります。

 

これに伴い、肌のハリも失われます。

 

年齢を重ねることによって、この減少は進行します。

 

コラーゲンを補給することによって、菲薄化を抑え肌の老化を防ぐことができるのです。

 

 

真皮層のコラーゲンは女性ホルモンによって生成されます。

 

肌と女性ホルモンには、したがって深い関係があるといえます。

 

20代から30代以降には女性ホルモンの分泌量は減少します。

 

そしてコラーゲンの量が減ってしまいますので、新陳代謝が鈍ってしまいます。

 

女性ホルモンとコラーゲンは肌の若さをキープするためには非常に大切な物質なのです。

 

女性ホルモンやコラーゲンの量が減るにつれて、シミやシワが目立つようになってきます。

 

 

50代になるとさらに皮膚の菲薄化が進むために、さまざまな肌トラブルが起こります。

 

肌の抵抗力も下がってしまい、炎症を起こしたり感染症にかかるケースもあります。

 

このように、皮膚の菲薄化は肌に大きなダメージを与えるものなのです。

 

肌の老化を防ぐにあたって、菲薄化は避けては通れない大きな問題です。

 

肌の老化の主な原因は皮膚の菲薄化だといえるでしょう。

 

人によってもともと持っている肌質や老化のスピードが異なります。

 

そして老化のスピードは、皮膚の菲薄化とも深い関係があります。

 

その他にも肌の老化の原因として挙げられることに、細胞が活性酸素によってさびつくこと、紫外線、乾燥などがあります。

スポンサードリンク

厚生年金の分割