老化 目

スポンサードリンク

目の老化を防ぐには

目の老化とは、老眼が進んでしまうことです。

 

年齢を重ねると老眼になる人が増えます。

 

しかし、全ての人が老眼になるというわけではありません。
また、進行具合は人によって差があります。

 

老眼鏡がないと字を読むのがつらいという方もいらっしゃいますし、
あまり気にならない、という方もいらっしゃいます。

 

一般的な症状としては、目が疲れやすくなり、近くのものを見るのが困難になります。
また、目が乾燥しやすくなります。

 

目の老化は、早い人ですと40歳から始まるといわれています。
そして60歳くらいまでに進行します。

 

多くの人が、45歳を過ぎる頃には老眼の症状を自覚します。

 

その自覚症状は、新聞や本など、手元から30cmほど離れた細かい字が
読みにくくなることが多いです。

 

目の老化は、日々の生活の仕方によって進行具合が異なりますので
老化を遅らせることは出来ます。

 

老眼は、目にある水晶体の弾力が下がることによって起こります。

 

これは、目にある筋肉の力が衰えることが原因です。

 

目にある筋肉の力が衰えるということは、目の老化が進行しやすくなるということです。
そして年齢を重ねるにつれて視力が悪くなってしまいます。

 

最近では、パソコンを使い続ける人が増えていますが、
そういった人は老眼になりやすいといわれています。

 

目の筋力を鍛えるトレーニング方法がありますので、実行すると良いでしょう。

 

それはとても簡単な方法で、遠くの物と近くの物を交互に眺めるだけです。
これを1日に数回行うだけで目の老化を防止することができます。

 

 

次のページ「シワやたるみをなくすには

その他の目の老化の原因と対策

目の老化の原因として、紫外線、血行不良、乾燥、活性酸素が挙げられます。

 

血行を良くすることは、目の健康を保つ上で非常に重要です。

 

というのも、目に届けられる栄養分は毛細血管を流れる血液によって運ばれるからです。

 

血行が悪くなると栄養分が十分に届けられなくなってしまいます。その結果、目の機能がうまく働かなくなるのです。

 

 

白内障は、角膜の炎症によって引き起こされる目の病気です。

 

目の奥には網膜や水晶体がありますが、これが紫外線に触れることによって活性酸素を作り出し遺伝子にダメージを与えて、目の老化を進行させます。

 

これが角膜の炎症につながることがあるのです。

 

 

視力の低下や細菌の感染は目が乾燥することによって起こります。

 

涙は目の乾燥を防ぐ働きがありますが、年齢を重ねるとその量は減ってしまいます。

 

ドライアイも目の乾燥を引き起こす要因だとされています。

 

 

外部からのストレスや刺激は目に影響を与えます。

 

老化防止の大敵となる物質に活性酸素があります。

 

これはストレスや刺激によってできやすい物質なので、目は老化が進みやすい器官だといえます。

 

目の乾燥、不快感、疲労、視界の欠損、黒い点が視界にある、などという症状があればすぐに医師の診断を受けるようにしましょう。

 

早めに医師に相談しないと、血糖値が高い人は白内障にかかってしまう可能性もあります。

 

また、目の定期検査は老眼などの目の異常の発見にもつながりますので、40歳を超えたら行うようにしましょう。

スポンサードリンク

厚生年金の分割